BLOG   |   CONTACT US   |   KOREAN       ENGLISH 
HOME
ホーム
>
PRODUCTS
>
領域DRM

Area DRM

Virtualization solution for confidential industrial information and customer information leakage prevention

電子文書、設計図面、開発ソース、地理情報(GIS)など機密情報や大量の個人情報データベースの流出防止のために仮想化技術を用いて暗号化されたセキュリティ領域にのみデータを保存するソリューション

  • S-Work 사용자 PC 내에 별도의 안전한 저장소로 보안영역을 만들어 기업의 핵심정보자산을 보안영역에만 저장하는 제품
    S-Workt 프로세스
    명칭 설명
    仮想化技術を用いた暗号化されたセキュリティ領域
    • 特殊なセキュリティエクスプローラーと許可されたアプリケーションのみアクセス可能な暗号化されたセキュリティ領域を生成
    プロセスごとのアプリケーション登録
    • 独自の技術で開発されたエンジンを通じて簡単にアプリケーション登録が可能
    データの無断流出の防止
    • 許可アプリケーションによるデータ保存時、セキュリティ領域にのみ保存可能とし、セキュリティ領域外へのデータ持ち出しを完全に遮断
    キャプチャー、コピー/貼り付けの制御
    • プリントスクリーン、キャプチャーなどを使った画面キャプチャーやコピー/貼り付けによるデータの流出を遮断
    オフラインログイン機能
    • 管理サーバーへの接続が不可能な場合にも、オフラインログインを通じて業務継続し、セキュリティ性を保障
    使用履歴の管理
    • ユーザーの操作および搬入、搬出など利用履歴を管理

  • S-Work Linkert Product to apply security functions of S-Work system to the trunk system of various platforms, such as KMS, EDMS, PMS, Java application programs and Java Applet
    S-Work Linker 프로세스
    명칭 설명
    セキュリティ領域保存
    • 業務システムからダウンロードされるファイルはセキュリティ領域に保存
    業務システムに対する認証
    • S-WorkPoint Clientを通じて認証手続を踏んだユーザーのみがS-WorkPoint Linkerが適用された基幹システムのページへの使用が可能

  • S-Work for Storage A product designed to support safe and successful file sharing between S-Work users
It limits the circulation of data from user PC and storage server to a secure area. It may also be utilized as a document centralization system if policy is set to require saving only to a file server instead of local secure area.
    S-Work for Storage 프로세스
    명칭 설명
    セキュリティストレージフォルダに対するアクセス制御
    • ファイルサーバー内の共有フォルダ管理およびユーザー/グループ別、使用権限の制御
    • S-WorkPointセキュリティエクスプローラーおよび許可されたプログラムのみファイルサーバーへアクセス可能(通常のエクスプローラーによる共有フォルダ内へのアクセスおよび移動/コピー遮断)
    S-WorkPointサーバーとの連携を有機的に運営
    • S-WorkPointサーバーとの連携により「組織図」情報を共有し、人事DBと連携した組織図でアクセス制御ポリシーの設定
    • 組織変更および人事移動時、共有フォルダへのアクセス権限が同時に反映される(グループ権限で設定時)
    ファイルサーバーの容量をモニタリング
    • ファイルサーバーの全体容量、使用可能量、使用率をモニタリング
    • 管理対象となるファイルサーバーのパスを登録するだけでモニタリング
    権限の管理
    • フォルダ別ユーザーに対するアクセス権限の設定、読み取り、書き込み、削除、名前変更、フォルダ生成、非表示機能など
    ログ記録
    • ファイルサーバーに対するファイルアクセス履歴をすべて記録。ファイルの開く、修正/上書き、生成、削除、名前変更、移動、ログイン/ログアウト、サーバー上の管理者設定内容など
    ファイルサーバーのゴミ箱機能
    • 削除されたファイルを一定の期間に管理者が指定したゴミ箱フォルダに移動

  • S-Work PointEx A product that provides flexible cooperative work environment by applying security to transferrable files intended for external entities
    S-Work PointEx 프로세스
    명칭 설명
    ユーザー認証
    • ユーザーが共有ファイルを閲覧する権限があるかどうかチェック
    共有ファイルのインポート
    • 搬出承認システムを通じてエクスポートされたファイルをインポートする機能
    共有ファイルのマージ
    • 同じ共有IDを持つファイルをマージする機能
    共有ファイルのタグ管理
    • 共有ファイルに関する注釈、リネームなどの追加/修正/削除が可能
    共有ファイルの削除
    • 不要な共有ファイルの削除
    共有ファイルの搬出
    • 編集した共有ファイルを内部ユーザーまたは閲覧が可能な外部ユーザーに送付する機能
    共有ファイルの担当者確認
    • 共有ファイル毎に指定された担当者情報の確認機能 ex)名前、連絡先など
    共有ファイルの実行
    • 共有ファイルは仮想化された領域で閲覧可能
    共有情報の確認
    • 共有ファイル名、詳細、生成者情報の確認
    共有ファイルの権限制御
    • 権限の確認および制御-管理者ポリシーにより変更(有効期間、破棄、セキュリティ解除、搬入、マージ、移動、印刷、プリントマーキング、コピー/貼り付け、画面キャプチャーなどの制御)

  • INQUIRY
  • BROCHURE DOWNLOAD
  • APPS MARKETPLACE